映画レビュー情報館

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事

映画マニアックスがジャンル・年代問わず、見た映画のレビューを書き残していく情報ブログ。更に行ったことのある映画館のレビューも加えていく予定でDVDも購入することが出来ます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

300 - スリーハンドレッド

300 - スリーハンドレッド

フランク・ミラー原作のグラフィック・ノベル『300』を元に、紀元前480年に起こったペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた作品です。

作品紹介


300 - スリーハンドレッド DVD
300(字幕版)


監督:
ザック・スナイダー
製作総指揮:
フランク・ミラー/デボラ・スナイダー/クレイグ・J・フローレス
製作:
ジャンニ・ヌナリ/マーク・キャントン
脚本:
ザック・スナイダー/マイケル・E・ゴードン
出演者:
ジェラルド・バトラー/レナ・ヘディ
撮影:
ラリー・フォン
制作会社:
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給会社:
ワーナー・ブラザーズ
公開年:
2007年
上映時間:
117分




紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元に大帝国ペルシアの使者が訪れ、スパルタに服従を要求する。
しかし、レオニダス王はこれを拒否し、その使者を殺害。
そしてわずか300名の歩兵軍勢で100万のペルシア軍を迎え撃つ(スパルタ軍は300名だが、テスピアイ、テバイ軍等を加えると2000名ほどとなる)。


テルモピュライの戦い

ペルシア戦争における戦いの一つ。紀元前480年、テルモピュライで、スパルタを中心とするギリシア軍とアケメネス朝ペルシアの遠征軍の間で行われた戦闘である。
スパルタ軍とテスピアイ軍は全滅するまで戦い、ペルシア軍を3日間に渡って食い止め、クセルクセスの兄弟を二人戦死させた。
ヘロドトスという歴史書によると、この戦いは実際にはギリシャ軍7000 vs ペルシャ軍約10万の戦いであると推定することができる。100万人もの大軍を移動させる食料や資金はいくらペルシャでも用意できないと予想される。
※wikipediaより抜粋





キャスト紹介


主演:ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラー
スパルタ王レオニダス役


本作品の主演。
「スパルタ教育」という言葉の起源でもある教育の厳しいスパルタ国に生まれたレオニダス。数々の試練を乗り越えてレオニダス王となった。。
周辺国が当時の超巨大帝国ペルシャの植民地となる中、ギリシャが服従するのを頑として拒否し降らなかった勇猛な王様です。


助演:レナ・ヘディ

レナ・ヘディ
ゴルゴー女王役


スパルタ国レオニダス王の妻。
スパルタという国ながら女性としての権力を確立するための象徴となっていた女王である。気が強く、賢女であったとヘロドトスなどによって伝えられている。


ロドリゴ・サントロ

ロドリゴ・サントロ
クセルクセス王役


、アケメネス朝ペルシアの王。クセルクセスは、「民の支配者」の意である。
劇中でも表現されている通り、派手好きで性欲旺盛。何事も自分の思うように行きたがらせる強情な王である。これは多額の資金を投じて造らせたクセルクセス門の建築からもわかる。





レビュー


スパルタという国は「スパルタ教育」や「剣奴スパルタクスの反乱」でも馴染みの深い国だが日本ではあまりよく知られていない。当時ギリシャ周辺で形成されていったポリスと呼ばれる小さな諸都市の中でも特に巨大な権力と戦力を要した国である。土地の均等配分、長老会設置、民会設置、教育制度、常備軍の創設、装飾品の禁止、共同食事制などのリュクルゴスという独特の制度を制定することによって、堅固でつながりの深い社会生活を送っていた。


映画はスパルタの教育→ペルシャからの使者→服従拒否→ホットゲートの戦い→ペルシャによる幾多の攻撃を跳ね返す→裏切り→レオニダス軍敗残という流れで淡々と映し出されるのだが、とにかく映像が綺麗。
日本ではR15指定にされていて、多々暴力的なシーンや残酷なシーンが映し出されるのだが、映像の芸術性にグロさなど微塵も感じることはできなかった。なんというか戦闘シーンの芸術的な動きを芸術的に見せているので2重の芸術性を見ることができる。

演技者の迫力は、一斉に発する掛け声や肉体からも感じ取れ、実際に300という少数精鋭部隊をカバーするパワーを生み出していた。ペルシャの100万という軍隊の表現の仕方・ネタも圧巻。

「スパルタ教育」スパルタの精神はこのレオニダス王に依って築かれたといっても過言ではない。
大国のプレッシャーに怖気無いハートの強さを日本人は見習うべきなのではないか。

評点

★★★★★★★★★☆


iTunesでダウンロードする
↓↓↓    ↓↓↓
300<スリー ハンドレッド>(字幕版)

300〈スリーハンドレッド〉 [DVD]300〈スリーハンドレッド〉 [DVD]
(2010/07/14)
ジェラルド・バトラー、レナ・へディー 他

商品詳細を見る



テーマ:映画レビュー  - ジャンル:映画

  1. 2011/05/05(木) 17:17:10|
  2. 歴史映画
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

ANGEL-A アンジェラ

ANGEL-A

作品紹介


ANGEL-A MOVIE


監督:
リュック・ベッソン
製作:
リュック・ベッソン
脚本:
リュック・ベッソン
上映時間:
90分
制作国:
フランス
公開年:
2005年

LEON(レオン)やグラン・ブルー、ジャンヌダルクなどの有名な作品を手掛ける、リュック・ベッソン監督のフランス映画。
フランスを舞台にした少しアブノーマルで純粋な恋愛映画である。
左の金髪欧風美女がアンジェラ、右の小さい男がアンドレ。




出演者


ジャメル・ドゥブーズ

ジャメル・ドゥブーズ


体が小さくて小心者。嘘つきで誠意さが微塵も感じられないいきあたりばったりのダメ男。写真も「俺ってダメなんです・・・」と言わんばかりのショットです。



リー・ラスムッセン(Rie Rasmussen)

リー・ラスムッセン(Rie Rasmussen)


どうやらポーランドの女優さんのようです。
映画内では橋の上から身投げし、主人公に助けられて出会う。男も引き下がるほどの威勢の良い振る舞いで、身投げ以降は終始主人公を助けるためだけに行する。なぜ、身投げしたのだろうか・・・(著者忘れてます。)





レビュー


どうしようもないダメ男と天使のお話。

簡単にわかり易く例えると、口だけの野比のび太と綺麗なドラえもんとでも言った方がわかり易いだろうか。

story的にもっとファンタジックなのかと思っていたがそうでもなくて、現実味からあまり懸け離れることコトなく展開して行く。

映画の印象としてはアンジェラとモノクロが非常にマッチしてて、彼女の美貌が映画のエッセンスとして取り込まれてるのが物凄くよくわかる。

周りの評価はそんな高くはないが、個人的にはこの映画の中のどこにでもありそうな問題とstoryが好き。
アンドレとアンジェラの人格と身長のギャップ。色々とちぐはぐでした!

評点

★★★★★★★☆☆☆

リー・ラスムッセンの綺麗さ、キャラクターに応じた展開の速さ、モノクロなのにどこか色が感じられる映像美に終始釘付けです。


アンジェラ スペシャル・エディション [DVD]アンジェラ スペシャル・エディション [DVD]
(2006/10/20)
ジャメル・ドゥブーズ、リー・ラスムッセン 他

商品詳細を見る
リュック・ベッソン監督によるモノクロ映画。 天使アンジェラとダメ男アンドレいよる恋愛映画です。




テーマ:映画レビュー  - ジャンル:映画

  1. 2011/05/03(火) 09:49:38|
  2. 恋愛映画
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
<< 前のページ  次のページ >>

カテゴリ

レビュー情報館の館長

Author:映画マニアックス
FC2ブログへようこそ!

どうも!今年で20代も半ば。 週に1回は映画を見ているのですが、忘れっぽいのでレビューを書き残しておこうとブログをやり始めた次第です。好きな映画のジャンルはアクションとSF!男臭いのは否めない!笑 映画好きのみなさん、仲良くして下さい♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。