映画レビュー情報館

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事

映画マニアックスがジャンル・年代問わず、見た映画のレビューを書き残していく情報ブログ。更に行ったことのある映画館のレビューも加えていく予定でDVDも購入することが出来ます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビルマVJ消された革命

みなさんはビルマという国はご存じだろうか?今や国の名前としてはと国際的にミャンマーと名付けられているが、ビルマの事情を知る人たちはこの国をミャンマーとは呼ばずにビルマと呼称する。 長期にわたる軍事政権はビルマに於いてどのような存在なのか?この映画を見れば近くて遠い国ビルマを知ることが出来る。

作品紹介


ビルマVJ消された革命
ビルマVJ 消された革命 [DVD]


監督:
アンダース・オステルガルド
製作:
リーゼ・レンゼー=ミュラー
脚本:
ヤン・クログスガード/アンドレス・オステルガールド
配給会社:
東風
公開年:
2008年12月



レビュー


長年、民衆を圧政によって苦しめてきた軍事政権。その対応に苦しんできた人達、長年耐えてきた人たちの恨み辛みが一団体の行動によって爆発するのだが、これは中東独裁政権からの流行革命・ソーシャル革命とはまた質の違うものである。
数年前にアジアで起こった、日本人の記憶にも新しい最大規模のデモで、純粋に人々の言葉の伝達によってもたらされた革命である。
ビルマ民衆の心の中にはいつもアウン・サン・スーチーさんがいる。彼女はビルマでも世界的にも有名な民主活動家であり、数十年自宅軟禁されている(最近はアラブの春を見てか、スーチーさんを解放し、形だけの民主化を図り世界をなんとか誤魔化している)。よくこのおばさんの写真を見るし名前も聞いても今一ピンとこなかったが、この映画を見てビルマ人がなぜここまで彼女を崇拝するのかがわかった気がした。
彼女はこの国の唯一の希望だったのだ。

仏教徒が反乱を起こすって相当の圧政なんだろうとみていると、次第に増してくる軍事政権の圧力。
終いには武器を使い、カダフィと同じようなことをする短絡的な社会。
この国に関しては、ただ脱力感と無力感、最後には溜息しか残らないのである。

評点

★★★★★★★★☆☆






スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー  - ジャンル:映画

  1. 2011/10/25(火) 00:32:14|
  2. ドキュメンタリー映画
  3.  | トラックバック:1
  4.  | コメント:2

映画「THE COVE(ザ・コーヴ)」を見てきました

和歌山県太地町でのイルカ漁の様子
第82回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品
最近(2010年6月)話題の日本の和歌山県太地町で繰り広げられているイルカ漁を題材にした、イルカ漁を阻止しようとするために作られたドキュメンタリー映画である。

作品紹介


THE COVE(ザ・コーヴ)


監督:
ルイ・シホヨス
製作:
OPS
脚本:
マーク・モンロー
提供:
メダリオンメディア
配給:
アンプラグド
上映時間:
91分
受賞
第82回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞
全てはアメリカの人気テレビシリーズ「わんぱくフリッパー」で調教師兼俳優として活躍したリック・オバリーが、フリッパー役のイルカの死を機に、イルカを人間の手から救うことに従事しだすことから始まる。
イルカビジネスは今や世界的に儲かるビジネスであり、全世界のイルカの輸入元が日本の和歌山県太地町で捕獲されるイルカなのである。劇中ではバンドウイルカ一匹15万ドル(1400万円)で売買されると紹介している。
1番問題なのはイルカの虐殺であり、"害敵駆除"として扱う日本の姿勢を痛烈に批判するため、リックがこの太地町で起こっている出来事の全貌を撮影し、全世界の人に見てもらってその是非を問うことを目的としている。




キャスト紹介


主演:リチャード・リック・オバリー

リチャード・リック・オバリー


「わんぱくフリッパー」の元調教師役で活動家。アース・アイランド研究所の海洋哺乳類専門家。
イルカ産業に反対するキャンペーンを起こし、その功績が称えられ、1991年に国連環境開発機構から環境保全賞を授与された経歴を持つ。
本作品では、イルカ漁を撮影するためのチームを編成し、自ら先頭に立って撮影を試み、太地町・日本政府を痛烈に批判することに従事している。






レビュー

the cove(ザ・コーヴ)が上映するということで、鑑賞することが出来る映画館を探したのだが、東京ではほとんどの映画館での上映が、抗議団体により中止に追い込まれるなどして仕方なくはるばる横浜の映画館まで足を運ぶことにした。
横浜の映画館の名前は「横浜ニューテアトル」
私が映画館に着いたときには既に、コーヴの上映を阻止しようとする抗議団体と推し進めようとする映画館との衝突を防ぐための厳戒態勢が敷かれ、物々しい雰囲気でした。。。
横浜ニューテアトル(上映前)

中にはこの映画を見てくださいという勇気ある一般人の方たちも!

THE COVE(ザ・コーヴ)の上映を賛成する人達

実際に館内に入ってみて唖然!!!  なんと館内に警備員が居る!!!

こんな事は滅多に無いので記念に一枚撮ってしまいました。笑厳戒態勢のニューテアトル映画館内

映画を見た感想は、というと、(ここからネタバレしまくります)
映画が始まって直ぐ、視聴者に恐怖感を与えるような映像とともに暗闇の中での撮影風景画映し出され、これから放映するであろう内容の批判を暗に含んだ作品であることを察知できた。
イルカショーをして稼ぐ団体や会社の批判に始まり、やがて日本の食文化としてのイルカ漁の話に繋がっていくのだが、かなり偏見が強く、若干推察で事実を語るような部分も有り、一概に信じれるようなデータは出てこない事に少し違和感を感じつつ鑑賞をしていた。
大体の日本人が、イルカが日本で食用として食べられていることに気づいていない、知らないのを間抜けに扱っているのだが、それは事実であり実際に私もイルカ漁の映像や具体的なデータを知らないので、劇中に出てくる日本人と一緒である。ただ、リックにとっては"日本人の一部"がイルカ漁をやっていると語ってはいるが、彼の意中では日本人全員が悪者と言いたいのだろう。若干日本人の文化を嘲笑するような表現が見て取れた事に少し悲しみを感じた。
知らないで語るのはよくないし、全く関心のない日本人を批判するのもわからないでもない。

イルカを捕獲する様子

opsの調査に依ると、太地町で1年に2万頭近くのイルカが虐殺されているらしいが、劇中の撮影内容を見ているとその数も納得のシーンが幾度となく映し出されるのである。それは入り江(Cove)の海の色が"真っ赤"に染まる事で簡単に理解することが出来る。
実際あの殺戮シーンは背中のズイがむずむずとするぐらい、何かイケナイ事をしているんじゃないかという罪悪感に苛まれるのである。
また、私が知らないで居て非常に恥ずかしいと思ったのは、国際捕鯨委員会(International Whaling Commission: IWC)での日本の行動である。
鯨の仲間として扱われるイルカの捕鯨を正当化しようとするために、鯨を見たこともない小さな国に対して資金を提供してイルカの殺戮や捕鯨に賛成させているという事実だ。私たちの税金を勝手に、小さな国を買収するために使っているということには少し腹立たしい思いがした。一言で言うとかなりせこい。
この部分に関しては日本の肩を持ちたくなかった。。。悲

日本では明治時代以前、牛を食べることでさえ抵抗があるような食文化であった。
動物を食べる食文化は主に欧米によってもたらされた物であり、牛を食べる文化が正当化されるのなら、また、イルカを食べる文化も正当化されなければと私は思う。
その疑問に対して、opsやリックはイルカには"知性があるということでイルカ漁の阻止を最大の理由とするのだが、牛だって豚だって犬や猫だって、レベルの低い高い問わず"知性"があるじゃないかと私は思うので、知性を理由にするにはまだまだ浅はかではないかと思う。
だったら全ての生きとし生けるものは食べてはいけない"ベジタリアン文化"に帰結するだろう。それも良いかもしれないが、全ての人にその考えを持ってもらおうなどとするのは不可能に近い。猛獣を捕獲して食らうアフリカの原住民、アザラシを棍棒でぶん殴って殺すグリーンランドの人達などと同様、お互いの食文化を尊重しあえたら良いと私は思うに至りました。
生の宿る物を食べる際は"いただきます"ご馳走様"を忘れずに、食べ残しは愚の骨頂、"もったいない"という言葉を常に念頭におきながら食事をしていきたい。

はっきり言ってこの映画は日本人全ての人が見るべきだ。年々減少する漁獲量は基本的に日本の責任であると思うし、この映画は普段から魚を食べる私たち日本人にとっては見て見ぬふりのできない問題提起である。イルカの食文化に賛成しようがしまいが、この映画を見た後に考えるのが良い。

まあ、個人的にはイルカは食べる気しないので、食べる分だけ丁寧にいただいてイルカに感謝しつつ、無駄な殺生は控えたほうが良いかと思います。


おまけ
映画館 横浜ニューテアトルでの混乱
上映後、右翼の方達?ヤクザ風の方々が映画館で映画を鑑賞しようとしたところ、機動隊や刑事の方たちに阻ま一悶着がありました。やくざ風の方たちはどうやら普通に映画鑑賞をしたかったぽいですが、格好で判断されてついに鑑賞することが出来ないようでした。残念気の毒に。

横浜ニューテアトルでは7月9日(金)までしか見られないので、見たい方はお早めに。

<


テーマ:心に残る映画  - ジャンル:映画

  1. 2010/07/04(日) 04:36:15|
  2. ドキュメンタリー映画
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
  

カテゴリ

レビュー情報館の館長

Author:映画マニアックス
FC2ブログへようこそ!

どうも!今年で20代も半ば。 週に1回は映画を見ているのですが、忘れっぽいのでレビューを書き残しておこうとブログをやり始めた次第です。好きな映画のジャンルはアクションとSF!男臭いのは否めない!笑 映画好きのみなさん、仲良くして下さい♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。